スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カレン族

チェンマイの山岳部に住む少数民族は現在は約100万人といわれています。
人口の2%弱です。北部から中部、西部にかけての地域に住んでいます。
民族別では多い順にカレン族(約44万人)、モン族(約15万人)、ラフ族(約10万人)、アカ族(約7万人)など。ほとんどの民族は国境を越えてラオスやミャンマー(ビルマ)などにも住んでいます。

<カレン族>
タイ北部から、ミャンマーにかけての先住民のこのカレン族。
ミャンマーを中心に民族独立闘争を行っていて。現在は、迫害により、難民としてベトナム、シンガポールなど、各地に居住しています。。
以前は、農業は女性、狩猟は男性という生活をしていました。
象を調教する山岳民族は、カレン族だけです。
カレン族の作るシルバーはお土産などにもとても人気です。


スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://chiangmai55.blog21.fc2.com/tb.php/148-a0bc4f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2008/11/16/14:46 | サイノメ | カレン族が手作りするシルバーアクセサリーについて。 タイのシルバーアクセサリーといえば、カレン族によるものが有名です。手作りのテイストを活かしたシルバーアクセサリーが特徴になってます。カレンのシルバーアクセサリーは、国内の通販サイトでも手に入れることができます。より多くのシルバーアクセサリーを見たいとい...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。