スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お寺のお作法☆ 古都チェンマイの寺を訪ねる

タイの古都チェンマイには、街のいたるところに、タイのお寺があります。
よく、「チェンマイ・お寺周りツアー」などを見かけますが、みなさん、タイのお寺のお作法は知っていますか???

日本同様、仏教国のタイ。ちゃんと、お寺に参拝する際はそれなりのお作法があります。
タイでは作法をしらないと失礼にあたることもあるので、ぜひぜひチェックしてください!

☆タイ寺院:参拝マナー☆
その1:ノー・スリーブ、キャミソール、ショートパンツ、サンダルなどの肌が出する服装は慎むこと。仏像が安置されている寺院の本堂・礼拝堂などでは靴を脱いでから中に入る。

その2:お参りの際は足の裏を仏像に向けて座ってはいけない。

その3:女性は絶対に僧(そう)侶(りょ)に触(ふ)れてはいけない。

その4:境内で売られているカメや小鳥、魚などはそれを放すことにより、厄を払う。(ペットじゃないのでご注意を!)

その5:仏像にべたべたと触ったり、その上に乗って写真を撮ったりといった行為は慎むこと。また写真撮影が禁止されている場合もあるので注意。

その6:お布施は少額紙幣を賽銭箱に入れる。

☆参拝の方法☆
寺院の入り口などで、「参拝セット」(お花、ロウソク、線香)が売られているので、それをもって参拝します。(金箔が入っている場合もあります。)

日本では、神社では「2礼2拍手1礼」などの参拝方法がありますが、タイの仏教寺院ではまず、正座からつま先だけ立てた座り方、もしくは、正座を横に崩したような座り方で仏像の前に座ります。

火をつけたお線香をもち、手を合わせて合掌して、お祈りしたあと、床に頭を着けて3礼します。

お祈りが終わったら、お線香は 線香立てに立て、お花は仏像に捧げます。金箔は、自分の仏像の体に貼ります。(自分の体の悪いところと同じところに貼ることも多いです。)

チェンマイでのお寺参拝の際には、ぜひぜひやってみてくださいね♪


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。