スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Tuskers Bar

ターペー門からすぐのところにある、イギリス人夫婦が経営する本格ブリティッシュバー☆

お料理は、チキンや豚のバーベキューから、牛のケバブ、フィッシュ&チップスなどの本格ヨーロッパ料理から、タイ料理まで豊富にそろっています☆

TVがあるので、わいわいポーツ中観戦もできます。
また、パーティー予約も可能☆

Telephone:0871 804 665
E-mail:tuskersbar@gmail.com
Address:Chaiyaphum Soi1 Chiang Mai Thailand


スポンサーサイト

チェンマイ語☆

タイ語にも、方言があります。
チェンマイの方言は、日本でいうと、標準語と関西弁のような感じなのかなー??
いくつか集めてみたので、ぜひチェンマイへ行ったときは使ってみてください♪

○こんにちは
標準:サワッディー(クラッブ/カー)
チェンマイ語:サワッディー(クラッブ/チャーオ)

○ごめんなさい
標準:コートート
チェンマイ語:スマートゥ

○元気ですか?
標準:サバーイディーマイ
チェンマイ語:サバーイディーゴ

○おいしい
標準:アローイ
チェンマイ語:ラム

○大丈夫。
標準:マイペンライ
チェンマイ語:ポッペンニャング

○お元気で
標準:チョークディー
チェンマイ語:チョークディーノァ

似ているような、、似ていないような。。

チェンマイの言葉はちょっとやわらかい感じがしていいですね♪


チェンマイから海外へ

チェンマイ空港から、近隣の国々へ飛行機が飛んでいます。

昆明、台北、ソウル、シンガポール、ルアンパバン、ヤンゴンなどなど、

バンコクまで出なくても、周辺諸国へ行くことが出来ます。

チェンマイを拠点にいろいろな国々へまわってみたいという旅行者にはとても便利です☆

ーチェンマイ発航空券ー
http://www.sgctour.com/air/index.htm


チェンマイーサムイ便

北のチェンマイから、バンコクエアウェイズを利用すると、一気に南のサムイ島まで行くことが出来ます☆

チェンマイ発朝9:55ーサムイ着11:35のPG242便が月・水・木・金・日曜日。
チェンマイ発朝10:25発ーサムイ着13;00のPG242便が土曜日。
(2008年9月12日現在)

に就航しています。

バスを乗り継ぐと、約1日がかりのサムイーチェンマイ間が、たったの2時間弱でいけてしうなんて便利!!

時間のない旅行者の方にはうれしいですね♪

※飛行機の時間帯は予告なく変更する場合があります。
バンコクエアウェイズのサイトで最新のフライトスケジュールを確認してください。
http://www.bangkokair.com/home.php




ガウマイ

タイで人気の「ムーカタ」のお店、「ガウマイ」

シリマンクラーチャーン通りのレストラン街にあり、学生たちでにぎわっているお店。

ここのムーカタは、具の質がよく、また、その種類も豊富。
バミーの面も、黄色とグリーンの2種類用意されています。

料金は一人85バーツ!!これは安いっ!!


ラフ族

<ラフ族>
ラフ族は、東南アジアに暮らす少数民族グループのひとつ。

中華人民共和国の公式に認定されている56の少数民族のうちのひとつで、雲南省に45万人が暮らすと言われています。
ビルマに15万人、タイには10万人が暮らしていて、6ある山岳民族のうちのひとつです。
ラオスに1万人、ベトナムでは1500人が暮らしています。

言語は、ラフ語。ラフ語の基本構文は日本語と同じ文法形式です。


ヤオ族

<ヤオ族>
ヤオ族は中国湖南省から雲南省、東南アジア北部の主に山地に広く住む中国の少数民族。
タイには約4万人のヤオ族が住んでいます。
お葬式、結婚式などには、漢字の文字を使用することもあり、年長の人には漢字の読み書きが出来る人もいます。

モン族(ミャオ族)

<モン族(ミャオ族)>
モン族(ミャオ族)は中国などに住む少数民族。
中国では貴州省に最も多く、他に湖南省、雲南省、四川省、広西チワン族自治区、湖北省、海南省などに住むほか、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどにも住んでいます。
歴史上移住を繰り返した流浪の民族であるといわれています。

もともとは中国に住んでいたモン族ですが、軍の残酷な討伐や弾圧のため、19世紀には多くのミャオ族が東南アジアのベトナム・ラオス・タイ・ビルマに移住していきました。
中国南部から南下したミャオ族は19世紀にベトナム・ラオスに定着したのに続き、タイにも渡ってきました。

モン族は独自の言語をもち、ミャオ・ヤオ語族(別の表現ではモン・ミエン語族)に属しています。住む国によって中国語やタイ語などに通じている場合もあります。

食べ物は、お米を主食とし、野菜、肉類、魚などをトウガラシ、塩、酢などで味付けした副食と共に、1日3食食べます。
漢族の料理に似た炒め物や蒸し物、魚の唐揚げなどの揚げ物もあります。
もち米で餠を作る習慣もあり、揚げ餅も作られる。豆類も重要な食品となっています。
蕎麦も作り、トウガラシと醤油の味付けで食べます。
漢族の習慣に合わせて春節を祝い、餅や豚料理などのハレの料理をつくることもあり、北京など、中国の大都市にはモン族料理を出す専門店ができています。



カレン族

チェンマイの山岳部に住む少数民族は現在は約100万人といわれています。
人口の2%弱です。北部から中部、西部にかけての地域に住んでいます。
民族別では多い順にカレン族(約44万人)、モン族(約15万人)、ラフ族(約10万人)、アカ族(約7万人)など。ほとんどの民族は国境を越えてラオスやミャンマー(ビルマ)などにも住んでいます。

<カレン族>
タイ北部から、ミャンマーにかけての先住民のこのカレン族。
ミャンマーを中心に民族独立闘争を行っていて。現在は、迫害により、難民としてベトナム、シンガポールなど、各地に居住しています。。
以前は、農業は女性、狩猟は男性という生活をしていました。
象を調教する山岳民族は、カレン族だけです。
カレン族の作るシルバーはお土産などにもとても人気です。




チェンマイの本屋

学生の多い、チェンマイでは、本屋さんも充実しています。
チェンマイで一番大きな本屋さんといえば、インペリアルメーピンホテルの近くにある
「SURIWONG BOOK CENTER」

タイの本だけでなく、洋書や周辺の国の本も充実してます。雑誌や、日本の新聞、また、文具なども販売しています。

住所:54,54/1 Suridonchai Rd.
TEL:053-281052~6
FAX:053-271902

「DK BOOK CENTER」

チェンマイにコチャサーン店と、パヤップ大学店の2店舗があります。
コチャサーン店には、旅行者も多く、文具も充実しています。

≪コチャサーン店≫
住所:79/1 Kochasan Rd.
TEL:503-206995~8
FAX:503-206999

≪パヤップ大学店≫
Payap University Book Store
TEL:053-304750



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。