スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンライ4

チェンライの郊外のおすすめポイントはここ!!

絶景のビューポイント「プーチーファー」☆
ラオスとの国境にある山のビューポイント。
ビューポイントといっても、柵があったするわけでもなく、そこは崖!!
日の出をみるポイントとしても有名で、とくに1月1日にはご来光をみたいという人たちで賑わいます。

チェンライ


スポンサーサイト

チェンライ3

チェンライには歴史を感じる古いお寺がたくさんあります。

チェンマイ市内からトゥクトゥクなどで約20~30分のところにあるお寺、
「ワット・ロン・クン」は、タイのアーティストがデザインしたお寺。
タイのお寺というと、金色の鮮やかな色をしたお寺を思い浮かべる人も多いと思いますが、ここはなんと「白」!!
まるで、雪で作られているかのような真っ白い色をしたお寺で、とてもモダンな感じ。
実は現在も建設中。

「ワット・プラ・シン」は町の北側にあるお寺。
チェンマイのワットプラシンとは姉妹寺です。
中にあるエメラルドの仏像は1年に1から2回しかみることができないそう。
また、この隣にあるお寺、「ワットプラケオ」は、バンコクにあるエメラルド仏がかつてこのお寺に納められていたというお寺。
チェンライの地元の人に最も崇められているお寺ですう。




チェンライ2

チェンライの見所は、まずナイトバザール。
チェンマイほど大きな規模のものではないですが、毎日、たくさんの人で賑わっています。
山岳民族の工芸品はチェンマイよりも豊富なので、好きな人には嬉しいです☆
屋外フードコートもあり、ライブなども行われてます。

つぎに、チェンライ市内から約1時間のところにある
「フアイマークリアム温泉」☆
露天風呂で、誰でも入れます☆(無料)
源泉は67度で、日本の温泉の様に、温泉玉子を作っていたりもします。

「ルアムミットエレファントキャンプ」はチェンマイ市内から車で約30分のところにあります。
コック川沿いにあるので、船でも行くことができ、チェンライ市内からは、コック川遊覧ツアーなどのプログラムに組み込まれているところもあります。

チェンライ市内にある「山岳民族博物館」では、山岳民族に関するスライドショー上映や、各少数民族の暮らし、工芸品などが展示されている。
チェンライバスターミナルから徒歩約10分。



ランパーン~その2~

ランパーンに行ったら、ぜひ行って欲しいところは、
「タイ象保護センター」

ここには、ケガをしたり、病気になった象を治療すための病院や、象使い学校の施設もあります。
象使い学校への1日体験入学プログラムや、宿泊付きのホームステイプログラムなど、開催プログラムも豊富。
象のショーなどもみることができるので、ぜひ一度訪れてほしい場所です☆

「国立象研究所(タイ象保護センター)」
URL:http://www.thailandelephant.org/eng/home.php3




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。