スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「バーンロムサイ」

「バーンロムサイ」とは両親をエイズで亡くし、自分たちもHIVに母子感染した孤児たちの生活施設。
イタリアの服飾メーカーの日本法人、ジョルジオ アルマーニ ジャパン社の資金協力を得て、1999年12月にタイ北部のチェンマイ市郊外に開設されました。

子供たちの年齢も下は3歳から、上は15歳まで、総勢30名。
みんな、絵を描いたり、スポーツをしたり、染め物をしたりと、技術や経験を学んでいます。

昨年鎌倉にはバーンロムサイのショップがオープンし、タイパンツや、タイの雑貨、Tシャツなどが売られています。
この売上金は「バーンロムサイ」の運営や、子供たちの創作活動に役立てられます。

誰でも気軽に支援ができるますよ☆

「バーンロムサイ」
http://banromsai.jp/info.html



スポンサーサイト

チェンマイでボランティア☆

チェンマイの郊外ドイサケットというところに「希望の家」という養護施設があります。
ここでは親を失ったり、訳あって育てることが出来ないタイの山岳民族の子供たちを保護して、教育の機会を与えている施設です。

以前私も訪問したことがあるのですが、子供たちの年齢も様々で、その当時は大きい子でが高校生くらい、一番小さい子も幼稚園くらいの歳の子までが一緒います。

学校では、お昼の時間や、お勉強の時間もあって、それぞれきちんと役割を分担しています。
家畜も飼っているので、餌をあげたり、みんなでご飯を作ったり・・
みんなとても人なつっこくて、かわいい!
なんでも自分でできるので、小さい子でもお料理ができたり、年下の子も面倒を見てあげたりと、とても自立しています。

ときどき日本人のボランティアの学生さんなどもお手伝いにきています。

古着やタオル、文具などを送ったり、日本からのボランティアもできます。

詳しい内容はぜひHPをごらんください!!
「希望の家を支える会」
http://www.kibounoie.com/











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。