スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チェンマイへようこそ

チェンマイは、バンコクに次ぐタイ王国第二の都市。タイ北部最大の都市でもあります。(“都市”というのはちょっとイメージとずれてますが・・)
ランナー王朝が約700年も前に栄えた、タイの古都です。
チェンマイには大変古い歴史を持つ格式高い仏教寺院が郊外に数多く点在しています。
また、少し市街地に出ると、とても豊かな手付かずの自然が残っているのもチェンマイの魅力です。
トレッキングや、ラフティング等々、多種多様なアウトドアアクティビティに恵まれ、タイの山間部を代表するチェンマイの自然を満喫することができます。
首長族に代表される、其々に異なる文化を持つ山岳少数民族を訪ねたり、近隣諸国の影響を受けた料理や、手工芸品、雑貨を買い求めたりするのも人気です。

スポンサーサイト

お寺のお作法☆ 古都チェンマイの寺を訪ねる

タイの古都チェンマイには、街のいたるところに、タイのお寺があります。
よく、「チェンマイ・お寺周りツアー」などを見かけますが、みなさん、タイのお寺のお作法は知っていますか???

日本同様、仏教国のタイ。ちゃんと、お寺に参拝する際はそれなりのお作法があります。
タイでは作法をしらないと失礼にあたることもあるので、ぜひぜひチェックしてください!

☆タイ寺院:参拝マナー☆
その1:ノー・スリーブ、キャミソール、ショートパンツ、サンダルなどの肌が出する服装は慎むこと。仏像が安置されている寺院の本堂・礼拝堂などでは靴を脱いでから中に入る。

その2:お参りの際は足の裏を仏像に向けて座ってはいけない。

その3:女性は絶対に僧(そう)侶(りょ)に触(ふ)れてはいけない。

その4:境内で売られているカメや小鳥、魚などはそれを放すことにより、厄を払う。(ペットじゃないのでご注意を!)

その5:仏像にべたべたと触ったり、その上に乗って写真を撮ったりといった行為は慎むこと。また写真撮影が禁止されている場合もあるので注意。

その6:お布施は少額紙幣を賽銭箱に入れる。

☆参拝の方法☆
寺院の入り口などで、「参拝セット」(お花、ロウソク、線香)が売られているので、それをもって参拝します。(金箔が入っている場合もあります。)

日本では、神社では「2礼2拍手1礼」などの参拝方法がありますが、タイの仏教寺院ではまず、正座からつま先だけ立てた座り方、もしくは、正座を横に崩したような座り方で仏像の前に座ります。

火をつけたお線香をもち、手を合わせて合掌して、お祈りしたあと、床に頭を着けて3礼します。

お祈りが終わったら、お線香は 線香立てに立て、お花は仏像に捧げます。金箔は、自分の仏像の体に貼ります。(自分の体の悪いところと同じところに貼ることも多いです。)

チェンマイでのお寺参拝の際には、ぜひぜひやってみてくださいね♪


チェンマイまで安く行こうー!~バス編~

チェンマイまで旅行費用、安く抑えたい~という方におすすめ情報☆
バンコクからチェンマイまでのアクセスは色々ありますが、まず、一番お手頃なのは、
やっぱりバス!!

バンコクからの北部行きの長距離バスで、所要約10時間。
とことんチープに行くなら2等クラスのバス。
チェンマイまでの片道約400(日本円で1100円程度)バーツ程度です。
VIPのバスを利用しても、800バーツ弱なので、かなりお手頃に移動きます。!!

バスは、バンコクの北バスターミナル(モチット)から、チェンマイのアーケードバスターミナルまで、朝6時からよる22時ちかくまで1時間に1本の割合で、頻繁にでています。
バンコクの旅行代理店などでもバスチケットの手配もしてくれます。

また、バンコクカオサン通りの旅行会社でチケットの手配をすると、カオサン通り発のバスになることもあります。
ただ、この場合、到着がチェンマイのアーケードバスターミナルではないことが多いのでご注意を!
(到着したところにソンテウなどが待ちかまえていて、その後行きたいところへ行くことが出来ます)

時間に余裕がある方は、バスの旅も時にはよいですよ。


リス族

<リス族>
リス族は中華人民共和国の少数民族のひとつ。
タイ北部には約3万人のリス族が住み、ミャンマー北部やインド東部などにも散在しています。

リス族はリス語を話し、文字は新中国になってから制定されたラテン文字が主に用いられるリス族は近代になって西方宣教師の布教によりキリスト教に入信する者が増えたといわれています。

リス族は独自の華麗な民族衣装を着用しており、その色彩によって白リス、黒リス、花リスに分けられています。



チェンマイへ安く行こうー!~鉄道編~

チェンマイへ安く行く方法
バスに次いでお得なのは、「鉄道」です。

バンコクのフアランポーン駅からチェンマイ駅まで、所要約10~11時間。
特急(SPECIAL)、快速(RAPID)、急行(EXPRESS)、ディーゼル特急の種類があり、
頻繁に運行しています。

席のクラスも、1~3等まで。
1等・寝台(エアコン):1353バーツ
2等・座席(エアコン):611バーツ
2等・座席(ファン):431バーツ
2等・寝台(エアコン・上段):791バーツ
2等・寝台(エアコン・下段):881バーツ
2等・寝台(ファン・上段):531バーツ
2等・寝台(ファン・下段):581バーツ
3等・座席(ファン):271バーツ

バスと違って、寝台車があるので、横になって寝ていける!というのがうれしい~!!

最新情報はこちらで確認↓
タイ鉄道時刻表(タイ語・英語)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。